サービスセンター

業績アップのための戦略拠点

オランダは、その戦略的に重要な位置、高度に発達した通信と輸送のインフラ、そして、国際的でサービス重視の文化ゆえに、欧州のシェアード・サービス・センター(SSC)の構築あるいは統合には理想的な環境を誇っています。

ユーロバロメーター(Eurobarometer)が最も多言語の国と位置付けたオランダには、多様で優れた技能を持ちダイナミックで生産性の高い人材がいます。その上、オランダには文化的な環境があり、比較的生活費も安く、また、30%ルールと言われる所得税の優遇措置もあり、SSCに高い技能を持つ外国人の人材を集めることも容易です。デジタルインフラも卓越しており、国内や近隣の顧客はもちろん、世界中の顧客へのサービスを効率的に行うことができます。

オランダの税制上のメリット以外にも、こうした要因によって、オランダにサービスセンターを置くことで効率が向上し15~40%のコスト削減につながります。これこそが、ナイキやシスコシステムズ、IBM、サンマイクロシステムズ、ベライゾン、ボンバルディア・エアロスペースなどワールドクラスの企業の多くが、本社機能や物流または生産拠点とともに、サービスの拠点としてオランダを選んでいる理由です。

Source: IMD WCY 2016 (Western European countries)

Source: IMD WCY 2014

サービスセンター 進出企業

Adidas
Capgemini
Booking.com
Groupon
Mercedes-Benz
Microsoft
SAP AG

連絡先

NYC

New York Office

666 Third Avenue, 19th floor
New York, NY 10017

Daniel van Vulpen

Director New York Office +1 (212) 246-1434

LinkedIn VCF
ツールバーへスキップ