税環境

有利な税環境

課税対象利益の20万ユーロまで20%、20万ユーロを上回る利益については25%という、欧州でも有利な法人税率を設定しているオランダの税制には、国際企業にとって数々の魅力的な特徴があります。

実際、米国税務財団(Tax Foundation)の国際税務競争力指数(International Tax Competitiveness Index)2014では、オランダは西ヨーロッパで2位、国際税金規則(International Tax Rules)では、全体で1位にランクされました。

特徴は、二重課税を回避し、配当や利息、ロイヤルティーの源泉徴収税を軽減する広範な租税条約ネットワーク、有利な資本参加免税制度、利息やロイヤルティーの支払いに対する源泉税なし、適用条件を満たす技能を身につけた外国人の個人所得の30%が非課税となる措置、また、企業にとっての税務の条件を事前に確定できること、などがあります

オランダは、ロジスティクスと物流のハブとして、国際貿易を円滑にし、関税手続きを最適化するために実務的で積極的なアプローチを取っています。実際、オランダの税法には、キャッシュフローの負担を軽減するために、輸入時VATの支払いを四半期ごとのVATの申告まで繰り延べできる優遇制度があります。

Source: IMD WCY 2014 (Western European countries)

Source: IMD WCY 2016 (Western European countries)

連絡先

NYC

New York Office

666 Third Avenue, 19th floor
New York, NY 10017

Daniel van Vulpen

Director New York Office +1 (212) 246-1434

LinkedIn VCF
ツールバーへスキップ