航空宇宙産業

新たな高みへ

ボーイング、ボンバルディア、ロッキードマーティン、GEアビエーション、三菱航空機、CAEなど、代表的な国際企業が拠点を置くオランダでは、航空宇宙産業が活況を呈しています。オランダはワールドクラスの物流インフラ、その戦略的な立地、有利な税制、高度な教育を受けた英語を話せる人材に恵まれ、それによって、メンテナンス、修理、オーバーホール(MRO)の面でも、スペアパーツの物流や生産、研修施設やオフィス機能の面でも、航空宇宙産業にとっては理想的な環境となっています。

旅客機の乗客数では欧州4位、貨物量では3位のアムステルダム・スキポール空港は、世界で2番目に乗り継ぎが便利な空港に選ばれています。そのため、物流ハブとして申し分のない空港であり、アビオール(Aviall)、DBシェンカー、IJSグローバル、ウェンコー(Wencor)など、航空機業界専業も含め、物流専門業者が多数利用しています。

また、VTOCフォッカーやCAE、フライトセイフティー・インターナショナルなど、航空宇宙産業の大手企業がオランダ国内に研修施設を設けており、熱意にあふれ柔軟性があり多言語に対応できる人材を輩出しています。

航空宇宙産業 進出企業

Airbus Group
Boeing
CAE
Cathay Pacific
Fokker Aerostructures
GE Aviation
Standard Aero

THE ORANGE BLOG

View Recent Posts

連絡先

日本でのコンタクト先

Daniel van Vulpen

Director New York Office +1 (212) 246-1434

LinkedIn VCF
ツールバーへスキップ