エネルギー

欧州のエネルギーハブ

オランダは、進歩的な政策やイノベーション、また先進的なものを好む傾向にあり、そして環境に意識が高い国民性のおかげで、オフショア・エネルギー、再生可能エネルギー、スマートエネルギーのリーダーとなっています。世界のエネルギー業界における確固たる地位をさらに強化するため、オランダは、エネルギーに関するイノベーションをサポートし促進するワールドクラスの研究開発施設や画期的な奨励金制度を設けています。

オフショア・エネルギー: 北海に面する戦略的に重要な場所にあるため、北海大陸棚以北を拠点とする石油メジャーや海洋エンジニアリングの多国籍企業が、オランダあります。欧州最大の港であるロッテルダム港は、世界最大級の精製施設や化学工場の集積地を擁し、オランダのオフショア・エネルギーの成功では大きな役割を果たしています。エナジー・デルタ・インスティチュート(Energy Delta Institute)など、人材育成機関もあり、オランダはエネルギー業界における最高のエンジニアリング人材を輩出しています。

再生可能エネルギー: オランダ政府は、企業の再生可能エネルギー利用を促進し、エネルギーのイノベーションを進めるためさまざまな奨励金制度を設けています。その結果、オランダは再生可能エネルギーの研究開発、とりわけ風力タービン技術においてはトップの地位を占めています。
さらに、戦略的な官民パートナーシップや再生可能エネルギーの分野で世界をリードするスペシャリストである、トップコンソーシアム・フォー・ナレッジ・アンド・イノベーション・オフショア・ウィンド(Top consortium for Knowledge and Innovation Offshore Wind:TKI Wind op Zee)、オランダエネルギー研究センター(Energy Research Center of the Netherlands:ECN)、デルフト工科大学などワールドクラスの施設により強化が進められています。

スマートエネルギー: オランダ政府は、スマートグリッドのイノベーションとソリューションに大型投資を行い、電気自動車やスマートエネルギー技術の開発を促進してきました。オランダのパワーマッチングシティ・フローニンゲン(Groningen)は、欧州で初めての「生きている」スマートグリッド共同体であり、プラグイン電気自動車の数では、オランダはノルウェイに次いで世界第2位でもあります。

エネルギー 進出企業

ABB
Cofely
Hanergy
Northland Power
Saudi Aramco
TAQA
XEMC Darwind

THE ORANGE BLOG

View Recent Posts

連絡先

日本でのコンタクト先

Daniel van Vulpen

Director New York Office +1 (212) 246-1434

LinkedIn VCF
ツールバーへスキップ