労働市場

高い技能を身につけた人材の宝庫

オランダには、高い技能を身につけ生産性が高く柔軟で多言語に対応できる人材が多く揃っています。オランダでは90%の人が英語に堪能ですし、オランダ主なビジネスの言語となっています。また、ドイツ語やフランス語を話せる人の割合も他のどの国よりも高くなっています。

オランダでは、経済的に「活動している」とされる年齢(15歳から64歳)が人口に占める割合が高く、技能を身につけた人材の数も、フランスやイタリア、ルクセンブルグ、英国やスペインなどの競合相手国を上っています。また、オランダの人材は、生産性の面でも競合相手の国を上回っていますが、これは、オランダでは教育やトレーニングの水準が高く、実際的な労働法が採用され、IT投資に積極的であるためです。

国際志向の国であるオランダは、100万人超の外国人労働者を抱え、企業が高度な資格を有する外国人をオランダで就業させることを可能にする「知的労働者向けビザ」を発行しています。パートタイムや期間限定の人材の採用も可能で、他の国と比べると、柔軟な雇用契約を結ぶことも容易です。

 

Source: IMD WCY 2016 (Western European countries)

Source: IMD WCY 2014

Source: IMD WCY 2016 (Western European countries)

Source: IMD WCY 2014

連絡先

NYC

New York Office

666 Third Avenue, 19th floor
New York, NY 10017

ツールバーへスキップ