R&D奨励制度

R&D奨励制度

オランダは、魅力的な法人税制とイノベーションを支援する特定分野のR&D奨励制度を通じて、研究開発活動への取り組みを積極的に促しています。下記に挙げる措置により、企業の研究開発コストと課税対象が大幅に縮小される可能性があります。

  • R&Dの賃金税控除(WBSO)

    特定分野の研究開発活動を行っている企業は、研究開発関連の人件費、経費及び投資につき、35万ユーロまでは、32%(スタートアップ企業は最大40%)、35万ユーロを上回る部分については16%の控除を受けることができます。

  • イノベーションボックス

    オランダ納税企業が開発しR&D税額控除を受けた、テクノロジーのイノベーションなどを含む無形資産から生じる収入に対しては、わずか7%の実効税率という恩恵を受けることができます。

  • R&Dにかかる官民連携事業推進補助

    R&Dにかかる官民連携事業における投資につき、はじめの2万ユーロまでは、40%、それを上回る部分については30%の現金補助を受けることができる場合があります。補助金は該当の研究開発事業に対する投資に使用しなければなりません。

  • イノベーション・クレジット

    イノベーション・クレジットは、新しい製品、プロセスまたはサービスの技術的な開発段階や臨床研究を必要とする医療製品の開発などのために、政府が提供するリスク負担の融資です。金額は、当該プロジェクトにかかるコストの25%(大企業の場合)、35%(中企業の場合)、45%(小企業の場合)で、上限額は会社の規模により異なりますが、臨床開発プロジェクトでは500万ユーロ、技術開発プロジェクトでは1,000万ユーロになります。

連絡先

NYC

New York Office

666 Third Avenue, 19th floor
New York, NY 10017

ツールバーへスキップ