富士フイルム

サクセス ストーリー

富士フイルム

イノベーション推進のために選んだノ―ルト・ブラバント州 の「協働する力」

日本企業である富士フイルムは80年以上の歴史があり、100ヵ国以上の国々で世界的に存在感を示している。50年前、富士フイルムは欧州に進出し、ノールト・ブラバント州ティルブルグ市に欧州初の生産工場を開設した。グローバルリーダーである富士フイルムは、同社の新たな価値創造の基盤となるオープンイノベーションと持続可能なソリューションに基づき、オランダの北ブラバント州に拠点を置くことを選んだ。その理由は、クリーンな環境、類い稀なる研究開発インフラ、高度人材の豊かさ、そして同地域特有の最先端のコラボレーションをグローバルに提供できる力であった。

現在、富士フイルムはティルブルグで約850名の従業員を雇用している。これは富士フイルムにおいて世界最大規模の製造部門のひとつであり、ノールト・ブラバント州中心部における最大の雇用企業の一社である。同拠点は、製造以外にも、富士フイルムの欧州における研究開発センターと、IT・購買・物流管理・財務といった欧州本社の主要な統括機能を有する拠点である。最近では、2016年にティルブルグで新しい欧州「Open Innovation Hub(オープンイノベーション ハブ) 」を開設することにより、同地域に対するコミットメントを強化している。これは、世界にたった3つしかないOpen Innovation Hubのうち、3番目の拠点である。

明るい未来を構築し守るために、オープンイノベーションと持続可能なソリューションに焦点を当てた富士フイルムの挑戦の道のりにおいて、ノールト・ブラバント州は重要な役割を果たし続けている。「当社のティルブルグ研究所は、フィルムや写真印画紙の開発会社から新製品開発向けの研究開発組織へと変化した」と、FUJIFILM Manufacturing Europe B.V.のペーター・ストラウク(Peter Struik)社長は言う。「さらに当社は、医療業界や持続可能で環境に優しい製品を必要とする分野など、新しい市場にも進出している」

オープンイノベーション

ティルブルグに欧州のOpen Innovation Hubを開設するという富士フイルムの決定は、同地域のハイテク分野に関する優れた専門知識と独自の協働インフラによってもたらされた。これらの洗練されたエコシステム(収益活動協調体制)は、全体の利益に向けて知識の共有を深め、優秀な産業専門家が集まる機会を推進する。ノールト・ブラバント州では高等教育の学生の3分の1が科学関連プログラムを選択しており、新しい人材が継続的にプールされている状況は、世界的技術リーダーである富士フイルムが同地域に拠点を置く魅力的な点でもある。

ストラウク社長は、同社がノールト・ブラバント州に居心地の良さを感じる理由について、次のように答えた。「富士フイルムは、ティルブルグの自治体、ノールト・ブラバント州およびブラバント開発局と素晴らしい関係を築いている。私たちは、行動することを重要視する市や州に拠点を置いている。これは、とりわけ必要な許可が付与されるスピードから見ても明らかである。人と文化の面においては、細部に目を光らせる日本人と、無意味なことを許さず、『とにかくやってみる』資質を持つオランダ人による強力な相乗効果が、ここティルブルグで独自の次元に達したと言える。」

また、ストラウク社長は、オランダの大学との連携によって、富士フイルムが若く優秀な人材に直接アクセスできる状況を高く評価した。彼は次のように付け加えている。「私たちは、テクノロジープレーヤーとして、物事を注視し続けていなければならず、常に新しい人材を求めている。一方で、深く根を張った経験と最先端の設備も非常に重要である。このどちらも、ハイテクキャンパスが事実上隣にあるティルブルグではすぐに利用することができる。」

持続可能なソリューション

富士フイルムの持続可能な野望は、ティルブルグではっきりと確認できる。「『持続可能』とは単なる言葉ではなく、当社の核となる価値観である」とストラウク社長は説明する。「持続可能性は富士フイルムの健全な未来にとって重要であり、私たちが当初ティルブルグを選んだのは、ここで見つけた清潔な水と空気が理由であった。それ以来、5基の風力発電タービンを生産現場に設置した。2016年以降、現場全体で使用している電力の100%を風力エネルギーでまかなっている。さらに当社は、富士フイルムの敷地における共同浄水場設置にも協力している。これは、Agristo社、Coca-Cola社およびInternational Flavors and Fragrances社といった近隣企業や、地元の水道局との提携によって実現したものである。

Source: Brabant Foreign Investments

2017年04月

連絡先

NYC

New York Office

666 Third Avenue, 19th floor
New York, NY 10017

ツールバーへスキップ