労働事情と人材

高い技能を身につけ生産性が高く多言語に対応できる労働力

オランダほど、教育レベルが高く技能を身につけた人材が多くいる国は、欧州でもほとんどありません。オランダの高度な教育制度により、今日のビジネスの需要に応えられる技能と心構えを持つ質の高い人材が続々と輩出されています。また、オランダでは90%の人が英語が堪能ですし、英語が主なビジネス言語です。また、ドイツ語やフランス語を話せる人の割合も他のどの国よりも高くなっています。

効率と勤勉のモデルとされるオランダの労働力は、新人から管理職レベルに至るまで、さまざまな分野で欧州の生産性の指標となっています。欧州全体と比較すると、労働紛争や労使関係に費やされる時間は非常に少なく、人件費の面でも競争力があります。

労働市場

オランダの労働市場には、高い技能を身につけ、多言語に対応でき、ビジネスに精通した、国際ビジネスのニーズに応えうる人材がそろっています。
詳しくはこちら

労使関係

オランダ政府は、ビジネスと労使関係について実用的なアプローチを取り、国際ビジネスの成長と効率向上を促進しています。
詳しくはこちら

賃金

オランダは、人件費の面でも競争力が高く、熟練した生産性が高く柔軟な人材からは高いリターンを期待することができます。
詳しくはこちら

教育

世界第4位とされるオランダの優れた教育と訓練制度は、高い技能を身につけ今日のビジネスニーズに応える人材を続々と輩出しています。
詳しくはこちら

労働許可・居住許可

オランダは、特に条件を満たした国際的な人材向けの「知的労働者用ビザ」や外国人の雇用を促進するためのその他の政策を採用しています。
詳しくはこちら

連絡先

NYC

New York Office

666 Third Avenue, 19th floor
New York, NY 10017

ツールバーへスキップ