メディアと放送

「ザ・ヴォイス(The Voice)」、「ビッグ・ブラザー(Big Brother)」、「ディール・オア・ノー・ディール(Deal Or No Deal)」などのテレビ番組を生んだオランダは、事業拡大を目指す放送局やメディア企業にとって最善の選択肢を提供し続けてきました。この10年間でヨーロッパにおける放送の一大中心地へと変貌したオランダ。欧州経済の心臓部にあるアムステルダムとヒルファスム(Hilversum)からは新しいメディア業界の動きが続々と登場しています。

テレビ番組輸出では、オランダはイギリス、アメリカに続き世界第3位を占めています。エンデモル・シャイン(Endemol-Shine)はBBCに次ぐ世界第2位のテレビ番組制作企業です。CBSやMTVなどの放送局は欧州拠点をオランダに置き、エンデモル・シャインやタルパ(Talpa)など地元有力制作会社を活用しています。「ダンケルク(Dunkirk)」や「ヒットマンズ・ボディーガード(The Hitman’s Bodyguard )」などの作品では、迫力あるハイライトがオランダでロケーション撮影されました。

オランダでは、オランダメディア委員会(Dutch Media Authority)がオーディオ・ビジュアル・コンテンツと配給を統括し、放送免許の交付、ビデオ・オン・デマンド(VOD)サービスの登録を管理するほか、割当制、広告、未成年保護に関する規則順守を監督しています。ヨーロッパでテレビ放送免許を持つ事業体のうち114社がオランダに存在し、VODサービス首位のネットフリックス(Netflix)も欧州本部を置いています。

こうした状況は、テレビ制作会社、メディア企業、放送局にとってオランダが大変優れた環境であることを実証しています。メディア・放送事業をオランダに拡大、または移転するメリットについて幾つかご紹介します。

アクセス:

オランダのアクセスの良さはヨーロッパ屈指。高速ブロードバンド環境などの通信、交通網ともにインフラが高度に発達。

人材:

ヨーロッパ中の優れた才能を惹き寄せるオランダには、国際的で多言語に通じた多彩な人材が揃っています。

創造性:

メディア・放送事業は、毎年128億ドルもの価値を生み出すオランダのクリエイティブ産業に大きく貢献しています。

コスト:

オランダ映像基金成長促進プログラム(Dutch Film Fund Growing Incentive Scheme)のもと、テレビ、映画、デジタル作品向けにコスト抑制のためのインセンティブを提供しています。

 

連絡先

ツールバーへスキップ