COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

生活の質(QOL)

オランダの生活

2013年4月30日「女王が辞任し王が就任した初日」アムステルダム在住の英国作家Ben Coatesは典型的なオランダの事象を言及しました。「オランダの首都は深刻な状況にある、と地元の人々に言われる事態に見舞われました。それは、明るいオレンジ色の服で頭からつま先まで身を覆うことを促すことでした。」 彼の本の序文で「なぜオランダ人は他と違うのか?」という問いに対し Ben Coatesは世界中のすべてのオランダ人がうなずける答えを示しています。オランダ人は一般的に外向的かつ勤勉ですが、パーティーを催しナショナルカラーでドレスアップすることも大好きです。

オランダでの生活、あるいは生活の質へのアプローチは、グローバル企業を惹き付ける上で大変重要な役割を担っています。 オランダが、住みやすく、働く上でよい選択肢であることは第三者機関にも評価されています。国連幸福度報告によると、幸せな国としてオランダは世界第6位に、ユーロスタットによると欧州で最も幸せな国のひとつとされています。 またOECDは、雇用、健康、住宅、主観的な幸福を含む多くの分野で、オランダに平均以上のスコアを付け、世界で最高のワークライフバランスを実現しているとも報告しています。オランダの統計によると、2019年には人口の87.3%が7割以上のスコアを付け、オランダ人もその生活に満足を示しています。

バランス

オランダには、健康的なワークライフバランスが確立しています。オランダの雇用主と従業員は、健康的なワークライフバランスが人々のやる気と生産性を高めるという共通の概念を持っています。それがすなわちオランダにおいて、パートタイム労働に人気がある状況を生みだしています。OECDによれば、オランダの労働者の効率は他の欧州諸国と比べて非常に高いです。オランダ人は休暇を大切にし、雇用主は給与の一部として休暇手当を支給しています。オランダ語で文字通り「何もしない」という意味の「niksen」の概念は、リラックスする時間をとることで創造性を高め、燃え尽き症候群を防ぐのに役立ちます。快適な環境において人々はよりよいパフォーマーであり、オランダ人は効率的な労働環境を維持しています。

教育

オランダに住む子供たちは、世界で最も幸せな子供ともいわれます。それは、オランダの有名なチョコレートスプリンクル、Hagelslagが週に何度も朝食と昼食に食卓へ出るからかも知れません。あるいは、もっとまじめな面でみると、高いレベルの幸福度は、オランダの効果的な教育システムに起因しているかも知れません。US Newsは、一貫してオランダの大学を世界最高レベルとし、世界的教育レベルのトップ10に入れています。また、オランダにある13の大学がTimes Higher Educationにランキングされています。健全な公立教育システムと質の高いインターナショナルスクールは、家族とその子供たちのために安心できる環境を創り出しています。

安全性

オランダの各地には、安全で快適な自転車専用道路のネットワークが備わっているため、幼い子からお年寄りにいたるまで、最も簡単な移動手段として自転車を使用しています。オランダでの生活は一般的に安全で穏やかです。2019年のオランダの統計によると、安全でないと感じることがよくあると答えた15歳以上の割合は、1.4%だけでした。

健康管理と年金

オランダは、2018 EHCI(PDF)ランキングで、高品質なサービスの公平な受給を兼ね備えた最高の医療システムランキングで第2位となりました。年金制度も整っています。メルボルンマーサーグローバル年金インデックス(PDF)は、オランダを年金の面で最高の国とし、2019年にはオランダの他にAグレードを取得したのはデンマークだけでした。

結束

もうひとつの重要なオランダの概念である「Gezellig」は、居心地のよいことを意味し、一体感と居心地のよい環境という概念も含まれています。オランダ人と外国人、共生のために社会的環境と労働環境が共に機能する考え方を説明しています。オランダは、全国に11のエクスパットセンターを設け、あらゆる分野の人々を受け入れ支援しています。満足のいく居住地や子供の学校を探すことなどにとどまらず、赴任者の家族がスムーズに新生活を開始し、心地よく暮らせるように努めています。皆様がやがてオランダを第二の故郷と呼ぶようになることを誇りに思っています。

"Our team is a blend of different cultures and backgrounds. Some were already living in the Netherlands, but others have moved here recently. I’m delighted to say that everyone, regardless of their origins, has settled happily in the Netherlands; it’s been easy to find accommodation and they have discovered a friendly, supportive community here." Luciano Manzo President and CEO Make-A-Wish

連絡先

お問い合わせ