先端技術

オランダの先端技術産業とマテリアル産業が創造する未来

オランダは、先端技術とマテリアルを取り扱う企業のグローバルビジネス拠点として選ばれるだけの場所にとどまりません。ロボット工学、量子技術、半導体、フォトニクス、航空宇宙、電気自動車といった各分野の革新的企業が未来に向けたイノベーションに取り組み、こうした産業が急成長を遂げています。

  • オランダ国内にはロボット・自動化関連のサプライヤー350社が集積
  • 世界のシリコンチップの85%にオランダ製部品を使用
  • 素材関連の研究開発機関は1,700カ所
  • 10万社以上の企業と50万人の専門家からなるイノベーション エコシステム

未来技術を生むエコシステム

オランダは、新技術の実地試験の場として、あるいは発売後のスケールアップ市場として最適な環境であると言われています。堅固な官民パートナーシップと最先端の研究開発機関を強みに、先端技術ノベーションを推進しています。オランダの先端技術産業に参入する企業は、政府の強力な支援と世界最高水準の技術クラスターを活用することができます。

オランダには大学を中心とした科学イノベーションパークが各地に広がり、刺激に満ちた環境で相互のコラボレーションによる好機をつかむことが可能です。その一つ、ハイテクキャンパス アイントホーフェンだけでも220以上の企業や研究所が集積し、1万2,000人の研究者、開発者、起業家が将来の技術や製品の開発に取り組んでいます。

オランダ政府は未来の技術を創り出すべく、国家成長基金の支援を通じて年間20億ユーロ以上の研究開発投資を行っています。また、知的財産権のロイヤリティ収入に対する課税を免除することで、新技術開発に意欲的な企業を優遇しています。

イノベーションが機能する環境

顕微鏡、ヴァリオマティック・ギアボックス、WiFi、Bluetoothなどを発明したオランダ人は、何世紀にも渡って技術革新を行ってきました。そして現在も世界の社会的課題を解決すべく、産学官のリーダーが一丸となって先端技術やマテリアルを開発し、新技術の開拓を続けています。

デルフト工科大学アイントホーフェン工科大学トゥエンテ大学の名門3大学は、メカトロニクス、オプトメカトロニクスを含むすべてのSTEM分野で多数の人材を輩出しています。こうした学術機関は、未来を見据えたリビングラボを構築する強力な技術クラスターの核として、先端技術応用分野で大きな前進を遂げています。

オランダは試験認証分野でも進んでおり、企業による新技術の産業利用を後押ししています。 KEMADEKRAElaadなどの大手に加え、TNOVDL ETGDemconなどの現地系の認証機関は、企業の市場投入までの時間を大幅に短縮し、迅速なスケールアップを支援することで定評があります。

はるか遠くを見据えた航空宇宙産業

オランダは航空宇宙技術のイノベーションにも力を入れています。オランダ王立航空宇宙センターUnmanned Valleyでは、Aerialtronics、Deck 180、Drone Light Labs、Mapture.aiなど多くの専門家集団が、都市型航空モビリティ、ドローン、センサーの分野で急速に頭角を現しています。これらと並ぶユトレヒトのEarth Valleyでも、地理空間データベース・建設に特化した取り組みを行っています。

この国の野心は空を遥か彼方超えています。宇宙事業は従来、欧州宇宙機関(ESA)中心のものでしたが、昨今多くの地域では、新たな民間宇宙事業コミュニティが発達し、オランダでも宇宙事業の80%はザウト・ホランド州航空宇宙デルタクラスターで行われています。例えば、Satelllogicはベルケル・エン・ローデンレイス工場 で四半期に4基の衛星を生産しているほか、タイタン探査事業にはオランダでもトップレベルの頭脳集団が参画しています。

国内に根付く電気自動車(EV)産業

EVはオランダで非常に注目されており、rEVインデックスによれば国内のEVインフラは世界5位の規模となっています。

また、プロトタイプ開発や製造、再製造の拠点でもあり、積水ポリマテックが放熱材料を生産しているほか、オランダ生まれのABBは、同社のデルフト研究センターで新製品を開発しています。また、ヘレウス・バッテリーテクノロジーAutocraft Solutionsは、バッテリーの強化とリサイクルに取り組んでいます。

統合フォトニクスの国際的ハブ

PhotonDeltaは国家成長基金の支援により、アイントホーフェンおよびトゥエンテを中心とした強力なフォトニクス エコシステムを構築しました。オランダのエコシステムは、欧州における統合フォトニクスの中心地として、主要なフォトニック集積回路(PIC)分野の企業向けに完全なバリューチェーンを提供しています。

ここでは統合フォトニクス分野の多くの革新的企業が、研究、設計、開発、製造を通じたソリューションを推進しています。その例として、Smart PhotonicsEffect PhotonicsPhixLioniX Internationalなどの最先端企業や、Holst CentrePITCなど応用研究に特化した企業が挙げられます。

活発な量子エコシステム

オランダは量子技術の研究開発で大きく前進しています。オランダには主要ハブが5つあり、デルフト(コンピューティング、インターネット、ネットワーク)、アイントホーフェン(暗号とシミュレーション)、ライデン(応用アルゴリズム)、アムステルダム(応用アルゴリズムとセンシング)に加え、ナノテクノロジー研究で先行するトゥエンテ大学(エレクトロニクス、フォトニクス、太陽光発電)のMESA+研究所です。これらのエコシステム間のプロジェクト調整を Quantum Delta NLが担っています。この分野での官民連携は、将来の技術革新を後押しする強力な推進力となります。

一国で完結する半導体バリューチェーン

オランダは半導体技術の世界的な状況を一変させました。世界に3カ国しかない完全な半導体バリューチェーンを持つ国の一つがオランダです。また、全世界のチップの85%は、設計、開発、製造においてオランダの半導体装置を使用しています。

国内の半導体ネットワークであるHigh Tech NL Semiconductorsは、グローバル企業、現地専門家、大学、その他研究機関、TNOCITCなどのイノベーションセンターとの間で協働体制の促進を図っています。ネットワークの加盟企業・団体は新たなプロジェクトで協力し、半導体が主要基盤技術となる横断的な取り組みを構築しています。一例に、Chip Tech Twenteのチップ増産計画や、New Originが 600万ユーロを投資したフォトニックチップ工場などがあります。

ロボット産業における商機

オランダはロボット密度、つまり労働者1万人当たりのロボット投入台数が224台で世界13位です。

Plus One RoboticsGecko RoboticsLocus Roboticsの欧州本社もオランダにあり、ロボット産業が急速かつダイナミックに発展しています。ロボット・自動化システムの既存企業の多くが、オランダ式の産官学連携コラボレーション アプローチを反映し、若い革新的企業と協力しています。

地元の野心的なスタートアップだけでなく、inahoのような国際的なスケールアップ企業もオランダで事業を立ち上げました。オランダの4つの工科大学は、特に医療と農業分野のロボット工学において優れた実績があります。

これらのクラスターは、すべてが手近にあるというオランダならではの恩恵を受けています。オランダの端から端までは鉄道でわずか2.5時間。世界最高水準の物流ハブは、欧州市場および世界市場とつながっています。誰もがビジネス言語に英語を使用します。

OECDの「より良い暮らし指標」で10位以内に入るオランダは、優れたワークライフバランスの実現が評価されており、また何よりも、革新的企業の成長の源泉であるテクノロジーへの情熱や、困難な課題の解決、また複雑なマシンを構築するコラボレーション文化が実在しています。

 

個別情報を希望する

関連情報をご案内します
詳細情報をリクエストする

オランダ進出企業

連絡先

お問い合わせ