COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

労使関係

安定し透明性の高い労使関係

オランダの労使関係の安定性と透明性は、オランダをビジネス拡大のための魅力的な選択肢にしています。IMDは競争力と協力的な労使関係の点で、オランダを引き続き高く評価し、それは拡大を目指す企業にとって重要です。

労使関係におけるオランダのリーダーシップ

社会経済理事会(SER)は、雇用法の変更案と雇用に影響を与える決定を監督しています。SERは、オランダの労働協約の諮問委員会およびリソースとして機能し、評議会は、従業員、雇用主、および独立したアドバイザー、同数の代表者で構成されています。

オランダ労使協議会法に基づき、従業員が50人を超える企業は、従業員と雇用主の利益を支援するための内部組織である労使協議会を設立する必要があります。民間部門ではほとんどの従業員が、業界、地域、または企業レベルのいずれかで労働協約の対象になっています。 現在、様々な業界で約200の合意書があります。

事業と雇用主の組織団体

オランダ産業雇用者連盟(VNO-NCW)は、オランダ最大の雇用者団体です。 115,000以上の企業を代表する160以上のメンバーを団結させています。この連盟は、大多数の中堅企業と大企業の大部分をカバーし、すべての人にとって健全なビジネス環境となるよう、その育成を支援しています。

オランダの組合

オランダでは労働者の組合加入は義務ではなく、実際に加入しているのは16%です。これは、他のEU諸国と比べて低い割合です。近年、会員数はわずかに減少しました。オランダでは、労働組合は政党に公式的に所属をしていませんが、ロビー活動やSERへの参加によって政治に参加しています。

影響

効率的かつ献身的なオランダの労働力は、欧州の生産性の模範となっています。事実、IMD世界競争力ランキング2019は、競争力のある労働力の生産性でオランダを世界第2位としました。オランダはまた、労働力の柔軟性と適応性に関し、多くの競合を上回っています。さらに、オランダは生活水準が高く、生活費が比較的低いため、健康で幸せな労働者と雇用主の関係は、堅固な基盤で支えられています。

経営陣と従業員の間には透明で制度化された関係があり、結果としてオランダには労働争議やストライキがおきていません。2010年から2017年の7年間、ストライキによって失われた日数は、労働者1,000人あたり平均13日でした。さらに、5日以上続くストライキの数は2015年から2018年の間に25から17へ減少しました。

"As an employee-owned company we take a very long-term view of our business. We have more patience and work with a longer horizon than some other companies. We are committed to the communities we are in and want to invest in them for the future. We are very fortunate to have a very talented and committed workforce in the Netherlands." Jeff Nixon Chief Operating Officer, Proponent

連絡先

お問い合わせ