COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

教育

オランダの教育

オランダは、世界で最も優れた教育システムがある国のトップ5に入り、グローバル企業にとって確実な進出・投資先としての評判を高めています。フローニンゲンからアムステルダム、ロッテルダムからマーストリヒト、その間を含むあらゆる場所で、オランダの研究機関は留学生を含む学生たちを魅了しています。この世界レベルの教育システムは、人材パイプラインを良好に保ち、他国とは異なる形を築いています。

オランダの教育システムレベル

オランダでは5歳から16歳までが義務教育です。言語はオランダ語ですが、近年では英語で教える学校や大学がとても増えています。オランダの子供たちは、8年間の初等教育と、4~6年間の中等教育を受けます(学校の種類によって異なります)。中等学校の後に、職業教育または高等教育に進むことができます。教育システムのすべてに公立と私立、両方の機関があります; 私立は主に宗教や思想形態に基づくものが多いです。

世界レベルの研究機関

オランダの教育エコシステムは一流の教育機関であり、それが職業教育と訓練(VET)であれ高等教育であれ、学生が実際に働く準備が整うように進められています。オランダの高等教育は、研究主動型の教育と職業主動型の教育、の両軸で構成されています。オランダの職業教育と高等教育が一体となることで、例えばITからライフサイエンスなどにいたるまで、様々な分野にわたり習熟した優秀な専門的人材のエコシステムが構築されています。

14の大学、34の専門大学の他、様々な教育施設があるオランダには、世界でトップ5の教育システムがあります。デルフト工科大学は、工学と技術の分野においてトップ20に入る大学です。アイントホーフェン工科大学は、影響力のある科学研究センターとして欧州第3位となっています。ユトレヒト大学フローニンゲン大学エラスムス大学ロッテルダムライデン大学はすべて、世界の大学ランキングのトップ100に入っています。これらの大学を含め、オランダの教育機関は毎年、技術、健康、その他の応用科学プログラムに100万人以上の学生を受け入れています。

大学は学生の教育だけではなく、産業界に利益をもたらすため研究とイノベーションの主導も行っています。例えば、ワーヘニンゲン大学の学生と研究者は、より持続可能な未来につなげるアプローチとアイデアを定義し、アグリフードイノベーションへの道を切り開いています。 IMDによると、その斬新なアイデアと研究は、世界で最も競争力のあるものとして、評価を高めています。

多言語能力に長けた優秀な人材の育成:生涯学習

オランダの教育システムと経済コミュニティは、互いに支え合っている関係性にあります。オランダの教育訓練システムは、高度な技能を持った人材を育て、労働力の安定的な供給の流れを維持することで、今日のビジネスニーズを満たし、経済的競争力を継続するという目的を持っています。その結果、オランダでビジネスを行う企業は、習熟した人材が必要なときにいつでも準備が整っているという環境に満足しています。企業は確保した人材のさらなる育成に集中することができ、人材は職場でさらなる成長を遂げることができます。

高度なスキルを持つ人材は、学んだこと以上のものを現場にもたらします。オランダの教育システムを卒業した人材は、優れた英語スキルを身につけ、グローバル化し競争が激化する産業に貢献する準備ができています。外国への進出を検討しているグローバル企業にとって、優れた教育を受け、多言語対応ができるコミュニケーターとしても優秀な人材がいるオランダは、有力候補のひとつとなるでしょう。オランダは、教育システムと経済産業界が一体となることで、優秀な人材を求める企業の好ましい選択肢になっています。

"The school system works well with the government to make available enough spots at international schools for those moving as a result of a company relocation." David Hyman General Counsel, Netflix International

連絡先

お問い合わせ