COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

税制とインセンティブ

オランダの税制とインセンティブ

新たな事業展開を始めるためにオランダへ進出する場合、オランダの財政政策は重要な要素です。オランダは、その法人税率とインセンティブの堅実な組み合わせにより、企業にとって国際事業の拠点として信頼できる選択肢のひとつとなっています。オランダの税務当局は、柔軟で協力的に相談を受け付け、手続きの最適化に向けて実践的かつ積極的なアプローチをしています。

数字で見るオランダの優位性

オランダの法人税率は現在、課税対象額となる最初の€245,000までは15%、€245,000以上は25%です。(特許を取得した)無形資産から得られた利益については、イノベーションボックスの申請を行うことにより優遇措置を受けることができます。

その他のオランダ税制の利点については、以下の概要をご覧ください:

  • 100近くにおよぶ広範囲な租税条約ネットワークにより、二重課税を回避し、配当・利子・ロイヤリティに対する源泉税を軽減
  • 税務上の影響に関する事前の明確性と確実性
  • 欧州本社にとって不可欠な幅広い資本参加免除(適格配当とキャピタルゲインの100%免除)
  • A企業グループ内のオランダにおける事業活動が税務上連結し、ひとつの法人税申告が可能
  • 適格なEUの利子、およびロイヤリティの支払いに対する源泉税の免除
  • 企業が海外へ赴任者を派遣する際にかかる追加費用負担軽減のため、その給与30%を非課税とし経費負担を軽減

オランダ進出と企業の発展を促進

オランダは、新しいアイデアやイノベーションを積極的に支援しています。先進的な事業を行う企業のための財政支援環境を整えることにより、オランダは世界の舞台で競争力を維持しながら、イノベーション持続可能な投資に対して積極的に取り組んでいます。

  • R&D賃金税控除(WBSO):研究開発(R&D)にかかる賃金コストやその他のコスト、および支出の一部に対して、スタートアップ企業や革新的な企業に報酬を提供
  • エネルギー投資手当(EIA): 通常の減価償却費の控除に加えて、省エネ設備の投資コストの45.5%を課税所得から控除
  • MIA: 適正と認められた環境配慮型投資に対し、投資コストの最大36%までを控除
  • Vamil: 適正と認められた環境配慮型投資に関するコストの75%を一括償却

上記のインセンティブに加えて、企業はイノベーションクレジットを申請することもできます。これは、新技術開発への融資制度です。

VAT繰延べ制度

VATはEU域内で統合されていますが、加盟国は特定の分野においてある程度の裁量権を持っています。オランダのVAT制度の利点:

  • 輸入VATの支払い延期:VATの実質の支払いはありません
  • 国際貿易における長い歴史の中で得た豊富な経験
  • 専門知識を持つ税関職員
"First of all, the Netherlands is a distribution country – the logistics infrastructure here is very good. Holland also offers VAT deferment – which doesn’t exist in many other countries – and a number of other advantages for global trade operations. On top of that, Holland has an attractive business climate in terms of its tax system," Sanne Manders Chief Operating Officer, Flexport

連絡先

お問い合わせ