COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

オランダで働くグローバル人材

オランダは第二の故郷

引っ越しは、人生で最もストレスがかかる出来事のひとつといわれていますが、その上住む国までもが同時に変わるとなれば、それがどれほど難しいことになるか想像してみてください!しかしその移住先がもしオランダだった場合には安心してください。ここには、国際的な移転をスムーズに進め、できる限りシームレスにすることを唯一の任務とする政府、民間機関、非営利団体が数多くあります。

オープンで歓迎する国

昔から、オランダは様々な背景や文化をもつ人々を歓迎してきました。この自由を愛する文化は今日にも続いていて、信頼できる法制度と政治制度によって支えられています。その結果、世界で最も文化的に多様な都市として、アムステルダムとロッテルダムで、多文化、多言語の社会が豊かに栄えています。

これは世界幸福度調査でオランダが第6位にあるという成功の秘訣でしょう。さらに2018年には、ワークライフバランスが最も優れた国としてオランダはデンマークを抜きました。よりよい暮らし指標(OECD Better Life Index)は、家族と仕事、家族内での責任、私生活、などのバランスをどのようにうまく取っているかなどの側面で国をランキングしています。ここで言及するのは大人だけではありません。オランダは10代の若者の生活満足度に関してOECD諸国のリストのトップにあります。

オレンジ色のカーペットをロールアウト

すでに駐在をしている人は共通して、オランダへの赴任がいかに簡単なものであったか、という話をするでしょう。オランダには英語だけでなく、フランス語やドイツ語など多言語に長けた人々が多く、サポートネットワークが充実し、そのほとんどは無償です。世界で最も幸せな子供たちがいる、ゆったりとした、共生し合う社会。多くの駐在員たちは、オランダ全国の広範にわたるネットワーク組織によって支援されています。

ネットワークサポート

エクスパットセンターとはその名の通り、オランダに住み、働く赴任者ためのワンストップサービスを提供する機関です。赴任する際に必要な行政手続きを迅速かつ簡単な手順でサポートし、またオランダの一般的な情報なども提供しています。エクスパットセンターは、市の基本管理システムへの登録、社会保障番号の取得、居住許可の取得など、オランダへの移住に必要な正式手続きをお手伝いするだけでなく、銀行口座の開設、病院探し、最寄りのデイケアセンターの検索など、実用的な支援もしています。

赴任者を支援するもうひとつの重要な組織は、ACCESSです。30年以上にわたって、グローバル人材や駐在員、あるいはオランダに移住してきた人々を支援してきました。 ACCESSは非営利団体であり、そこで働くボランティアのほとんどは国際色豊かです。ACCESSは、メールや電話ですぐにアクセスでき、転居の実質的な支援から、キャリアアドバイス、メンタルヘルスカウンセリングまで、幅広いサービスを提供しています。ACCESSの代表であるDeborah Valentineは、「同じような環境にある人と話すことで、乗り越えられないように見える壁も乗り越えられるようになることを、私たちは過去の経験から知っています」とコメントしています。

フェアプレイ

赴任者はどこにいても、同じ境遇の赴任者を見つけ、コミュニティにつながるコツを知っているようです。その結果、いたるところで多種多様な海外駐在員の活動が盛んに行われ、多くの異なる文化と反響し合っています。アムステルダムでの「IamExpat」フェアやハーグでの「Feel at Home」などの大規模な海外駐在員フェアに加えて、アムステルダムとアイントホーフェンで開催される「I am not a Tourist」フェア、「At Home in Haarlem」など、ほんの数例を挙げても、国中には多くの多様な社会的、国家的、文化的、コミュニティがあります。 地元には「オランダ語不要」という文化活動も豊富にあります。多くの外国人コミュニティは、ソーシャルメディアを使って、交流会やイベントを開催しています。彼らは国際的な人々を集め、交流を持てるフォーラムを設立することにより、赴任者が自分に合ったコミュニティを見つけることができるようにしています。

外国人を受け入れ、歓迎する文化があるため、オランダには、国際的な医療提供者など、外国人を対象にした特有のサービスを提供する小規模な起業家がたくさんいます。

仕事とキャリア形成

新しい国で仕事を探すことは、時に気が遠くなるような気持ちになります。しかしオランダ語を必要としない仕事の機会はすぐに訪れます。特に大都市圏ではオランダ語以外のスピーカーにも十分な機会があります。オランダは欧州市場に進出するグローバル企業にとって人気の拠点であるため、その失業率は現在EUで最も低く、主要都市には多くのグローバルおよび欧州事業本部があり、アムステルダムだけでも約450を数えます。

潜在的な雇用機会は、ハーグにある多くの大使館や、市内にある200以上の国際政府組織、国際非政府組織内にも存在します。

ハイレベルで経済的な教育

家族と一緒に赴任する場合、子供の教育は重要な考慮事項です。オランダは国際的な外国人コミュニティを大切にし、最高水準の生活を提供することに努めています。その結果、オランダ政府は公的資金によるインターナショナルスクールの独自システムを設けています。これらは非常に経済的な料金であり、多くの私立インターナショナルスクールによって補填されています。 現在、オランダには約19,000人の外国人が36のインターナショナルスクール(小中学校)で勉強しています。

多くの住宅オプション

ここには、にぎやかな都市、住宅地の郊外、ヴィレッジ、絵の中にいるように美しい田園地帯など、様々なロケーションの住宅オプションがあります。住宅は、ロンドンやパリなど他の主要な欧州都市と比べると、空室が見つかりやすく、価格も良心的です。 また、オランダは小さいので田舎に住んでいても、30分以内に主要都市の中心部へアクセスすることが可能です。

健康と福祉

オランダでの医療は民間経営です。オランダの健康保険法に従い、オランダに合法的に居住するすべての人は、健康保険に加入する義務があります。基本保険パッケージは、すべての基本的な医療をカバーしています。補足歯科、および追加の補償範囲は、補足パッケージを介して手配することができます。 安心して医療提供を受けられるよう、外国人のために英語を話す専門医やスタッフがたくさんいます。

"The kids really enjoyed their exposure to multiple cultures, as well as their time playing basketball in local Dutch leagues. We traveled a lot to other European countries and taking the train is such a refreshing way to travel. We made many memories." Mark Bidstrup Senior Vice President and Treasurer Hexion
"Living in the Netherlands was an amazing and eye-opening experience for me both professionally and personally. It allowed me to see America through a new lens. It’s a year I’ll never forget." Brad Goldoor Co-founder and Chief People Officer Phenom People

連絡先

お問い合わせ