COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

人件費

オランダにおける人件費

オランダでの労働、または教育を受けた労働力の雇用における労使関係全般については多くの利点があります。 オランダの人件費および給与は、他の多くの欧州諸国と比較して競争力があります。

人件費と競争力ある賃金

雇用主にとってオランダの総賃金平均は、競合する他国に比べて比較的低いです。 同時に、オランダの家計資産の平均は比較的高く、オランダの最低賃金でも快適な生活を可能にします。 オランダでは雇用と就労はどちらも好ましい状態にあります。

賃金構成

オランダの賃金は比較的理解が容易です:

  • オランダで働くすべての人に所得税が義務付けられていますが、給与や従業員の自宅の状況など、さまざまな要因によって税率が異なります。
  • 最低8%の休暇手当は、ほとんどの労働者へ支給が義務付けられていますが、最低賃金の3倍以上の収入がある労働者は除かれます。一括払いまたは年間で支払う必要があります。
  • 健康保険やその他の社会保険をカバーするために、社会保障費用、特に社会保険料は、従業員の毎月の給与から源泉徴収されます。
  • 雇用主と従業員の両方が、定年後のための年金費用を拠出します。マーサー 「グローバル年金指数ランキング」によると、オランダはそのようなプログラムでは世界トップの国となっています。
  • 業績連動型ボーナス、携帯電話使用料の払い戻し、短期滞在の宿泊費など、その他の報酬は雇用主によって異なります。

オランダは、地元に労働を創出している企業に対して、競争力のある有利な環境を提供します。

赴任者とその給与

オランダへの赴任者の場合、引越し費用などを補うため、30%非課税措置:給与の30%を非課税、とすることができます。 企業、政府、組合員間の労働協約も明確で、雇用主と従業員間で発生する可能性のある紛争を防いでいます。

"The Netherlands is a very attractive locale for us to recruit talent from across Europe to relocate. We have hired people from Italy, Spain, France, Germany, the Nordics and the UK to work out of our Amsterdam office. Amsterdam, in particular, has offered our workforce a nice balance between a cosmopolitan city without the overcrowding of a big-city lifestyle." David Hyman General Counsel, Netflix International

連絡先

お問い合わせ