COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

欧州本社機能

オランダに国際拠点を設立

事業規模に関わらず、欧州本社の機能を設立するにあたり、オランダを選択することは企業にとって理想的な選択といえます。オランダは戦略的に欧州の正面玄関に位置し、欧州で最も収益性の高い市場の95%がアムステルダムやロッテルダムからわずか24時間の距離に位置しています。また、ビジネスに適した法令環境、多言語の労働力、および最高のインフラを提供し、汎欧州におけるビジネスの成功に貢献します。

安定し、競争力のある経済

オランダは、経済的競争力と人材競争力の両方で世界のトップの国のひとつにランキングされています。オランダは、労働力の面で国際的に競争力のある場所であるだけでなく、人材を歓迎し、開拓し、育成することでも有名です。友好的で協力的な文化は、世界中から国際的な人々や多言語の労働力を惹きつけます。2020年、オランダは、才能を伸ばし、維持する能力により、INSEADグローバルタレント競争力指数で第6位となりました。その上、オランダの起業家精神とイノベーションのコツがスタートアップエコシステムの繁栄を生み出しています。このような競争力のある環境の結果として、オランダは2020年のIMDランキングで第4位、2020年のグローバルイノベーションインデックスで第5位となっています。

最高のアクセス性

オランダのインフラは強力で近代的であり、道路、水路、鉄道、空路を介した他に類を見ないアクセスを提供します。欧州への玄関口として、オランダは500kmで1億7,000万人、1,000kmで2億4,400万人の消費者に近接しています。さらに、アムステルダム国際空港スキポールは多くの国際的コネクションを提供し、アムステルダムに本社を置く国際企業にとって大きなメリットとなっています。デジタルの観点からは、AMS-IXを含むオランダのデジタルインフラは、並外れた信頼性の高さを誇るだけではありません。オランダはEUでスピードチャートのトップであり、インターネット接続は98%の世帯を網羅しています。これは他のすべての欧州諸国より最も高いものです。

国際企業は、欧州への玄関口としてオランダを選択

業界や規模に関係なく、オランダに本社を置くことで、将来のビジネスの成長が促進されます。アシックス、ペプシコ、MSD、シスコシステムズ、ナイキ、ネットフリックス、富士通、SABICなどのグローバルプレーヤーに聞いてみてください。オランダに本社を置く急成長中の企業は他にも、Optimizely、Vaxxinova、Advantech、SunPharmaなどがあります。

アムステルダムに本社を置くグローバル企業には、Netflix、レモネード、o9ソリューションズなどがあります。これらの企業は、多言語の人材が揃っていること、ビジネスコラボレーションな環境、欧州市場へのアクセスなど、様々な理由でオランダを選択しました。 富士フィルム、Hanshow Technology、Googleなどのハイテク企業は、オランダのトップデジタルインフラとイノベーションエコシステムを選択しました。ライフサイエンス&ヘルスの分野では、Vaxxinova、Genmab、BBio、PRAが、オランダの研究機関における最先端の研究開発の機会を活用しています。産業に関係なく、オランダは欧州、そしてさらにその先の機会と成功への扉を開くことができます。

Proximity to Clients and Customers

個別情報を希望する

関連情報をご案内します
詳細情報をリクエストする

オランダ進出企業

連絡先

お問い合わせ