COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

研究開発

オランダ:世界有数の研究開発大国

オランダでは、未来に影響を与える世界レベルの研究機関が、ビジネスと一体となり、ユニークな研究環境が育まれています。また高度なスキルを持つ労働力と魅力的なR&Dインセンティブは、オランダに事業拠点の展開を計画をしている企業を支援しています。

欧州イノベーションのハブ

オランダは欧州のイノベーションリーダーであり、EU委員会の2020年欧州イノベーションスコアボードで第4位となっています。その強力なデジタルインフラ14の大学、学際的で新しい考え方への柔軟性は、オランダが研究開発のトップといわれる理由の一部です。 さらに、オランダの研究者や大学は国際志向であり、European Horizon Framework Programに多く参加しています。 これはとりわけオランダが、オランダや欧州にとどまらず、さらには世界の情勢を常に意識することに役立ちます。 欧州のR&D分野への玄関口として、技術分野を超えた協力を可能にするオランダの考え方は、研究とイノベーションの飛躍的進歩に極めて重要な役割を果たしています。

優れた研究機関

イノベーションは全国いたるところで進んでいます。それがオランダを研究開発の上で上位の国にしている理由です。 オランダには、アムステルダムサイエンスパークフローニンゲンキャンパスワーヘニンゲンキャンパスハイテクキャンパス アイントホーフェンデルフト工科大学など、画期的な進歩を促進するように設計された10のユニークなキャンパスがあります。 これらの企業と研究機関のクラスターは協力し合い、研究とイノベーションを加速する絶好の機会を得ています。アグリフード、人工知能、量子技術など、様々な専門分野に対応しています。

主要企業のR&Dセンター

ボッシュ、ダノン、ダウ、富士フイルムクラフトハインツユニリーバなどの大企業は、オランダのR&Dを活用する代表企業です。 これらは、オランダに研究センターを設立した国際的な大企業のほんの一部です。 外国企業と現地オランダのリソース、特に10のイノベーションキャンパスとの間の建設的な相乗効果は、未来を創る長期的な関係をもたらしています。

政府によるR&Dインセンティブ

オランダ政府は、オランダで積極的に研究開発を試みる企業にR&D奨励制度を提供しています。 WBSOを使用すると、企業はR&Dの賃金コストおよびプロトタイプや研究機器などその他のR&Dコストと支出を削減することができます。一方、イノベーションボックスでは、特許およびそれに関連する収入に対して9%の税率が適用されます。 イノベーションクレジットは、新製品や新サービスの開発段階にある企業を支援します。 シードキャピタルは、ローンまたはベンチャーキャピタルファンドを通じて利用できます。オランダベンチャーイニシアチブIIは、オランダ経済・気候政策省が支援する€2億のファンドです。これらすべての制度はオランダ全体の新しいアイデアとイノベーションの支援に貢献しています。

活況を見せるスタートアップエコシステム

オランダは、欧州最大のスタートアップエコシステムを有する国のひとつです。 オープンな文化と起業家精神、さらにイノベーションに重点を置いていることで国際的にもよく知られ、活気に満ちた協調的なスタートアップエコシステムを生み出しています。オランダ人は Wi-Fi、Bluetoothや顕微鏡の発明家として、技術と革新に対するアーリーアダプターと言えます。 今日のオランダは、新しいコンセプトや製品、サービスを開発するためのホットスポットであり、活力のあるスタートアップは毎年多数の特許を生み出しています。 その証拠に、オランダは欧州特許庁(EPO)における3Dプリンティング分野で最も活発で特許出願が多い国のひとつです。

EPOによると、オランダは様々な主要グローバル企業の欧州研究開発拠点として、欧州の住民100万人あたりの特許出願数が2番目に多いとされています。 さらに、最新のNimbleFins Best European Countries for Startups 2020でも第4位となり、アムステルダムはStartup Genomeによって欧州で第3位のスタートアップエコシステムに選ばれました。

世界レベルの人材プール

研究機関や研究開発施設において、オランダの労働力は相次いでイノベーションを起こしています。オランダの研究機関で習熟した人もいれば、近隣のEU諸国から来ている人もいます。これは、オランダが研究労働者への機会を広く開けているからでもあります。 オランダの労働力は多様であるだけでなく、最高の英語スキルを持っているため、企業はオランダで必要な人材を簡単に見つけることができます。

個別情報を希望する

関連情報をご案内します
詳細情報をリクエストする

オランダ進出企業

連絡先

お問い合わせ