COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

アグリフード

農業食品大国:世界の食を養うオランダ

オランダは、世界レベルの研究機関、大学、および科学機関、産業、政府間の官民連携パートナーシップにより、農場から食卓に至るまで、農業食品の分野における世界の革新的なリーダーとなっています。その証拠に、農産物の輸出国としてオランダは、米国に次いで世界第2位となっています。

農業・食品関連企業の大手20社のうち15社が、オランダに主要な生産または研究開発拠点を持っています。これらの企業には、ネスレ、ABインベブ、コカ・コーラ、ユニリーバ、ハイネケン、カーギル、クラフト・ハインツなどが含まれます。食品大手に加えて、オランダには、ビヨンドミート、イノセント・ドリンク、ラムウェストン/マイヤーなどの急成長中のイノベーターが存在します。企業とイノベーターのこの広大なプールが一体となって、アグリフード大国を形成しています。

欧州とすべての大陸への優れたアクセス接続性により、オランダから半径1,000km内では2億4,400万人の消費者にアクセスできます。経済効率を重視する通関プロセス、高度に整備されたインフラ、物流と流通ネットワーク、および深水港は、食品の輸送にとって大変便利です。

アグリフードにおけるイノベーションと研究開発

農業食品企業にとって、オランダの革新的な風土も見逃せません。アグリフードとアグテックのイノベーションの最前線にいる企業は、搾乳ロボットや収穫ロボットなどの新たな技術を開発しています。他の新しい技術には、垂直農法と作物の多様化などもあります。オランダの研究機関や政府と協力して、企業は革新と創造に取り組んでいます。ワーヘニンゲン大学研究所は、食品生産に革命を起こすことを目指している主要な研究機関のひとつです。 NIZOは、乳製品と文化、離乳食、植物ベースのタンパク質などのサブセクター企業の成長を支援しています。

イノベーションを刺激するために、オランダ政府は未来の農業食品開発を促進するべく競争力のある研究インセンティブを提供しています。オランダはまた、業界の発展を促進する、デイリー・キャンパスのようなユニークな官民連携パートナーシップに取り組んでいます。デイリー・キャンパスは、ワーヘニンゲン大学研究所によって設立され、業界全体の農家、サプライヤー、加工業者を統合しています。もうひとつの例はBrightlands Future Farming Instituteです。「未来の農業」として、ビッグデータ、AIを活用し食料生産を改善しています。

オランダにも食料とアグテックのアクセラレーターがいます。 Rockstart、HortiHeroes、Yes!Delft、Start Lifeなどは、国際的な農業食品のスタートアップ企業の研究と資金調達の機会を結び付け、デルフト工科大学AgTech Instituteは、技術主導のアプローチで世界の食品課題解決に取り組んでいます。

オランダの持続可能な未来

オランダは、2030年までに循環型農業の世界的リーダーになることを目指しています。自然との調和を念頭に、生産量の増加と原価削減の課題を、資源の再利用や食料生産最適化で解決するべく、その道を探求しています。政府は、このビジョンを実現するための活動計画を公開しました。

循環型農業を支援するための政府の取り組みは、精密農業と農場革新の促進、実験のさらなる可能性の創出、持続可能な農業への取り組みへの報酬などがあります。

アグテックはサステナビリティの点においても重要な役割を果たしています。オランダの農家は精密農業を利用して、より少ないスペースと資源でより高い収穫量を生み出しています。また他の農家では家畜の飼料を育てるための水と資源を減らしています。オランダのアグリフードの成功の多くは研究所から始まりました。オランダ応用科学研究機構(TNO)は、デジタル化を活用し農業をより持続可能なものにする方法を研究しています。オランダは、業界のリーダーやTNOのような研究に基づく組織を通じて、持続可能な食料システムを実現し、人口の増え続ける世界に食料を供給し続けることが可能であることを証明しています。

個別情報を希望する

関連情報をご案内します
詳細情報をリクエストする

オランダ進出企業

連絡先

お問い合わせ