COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

空港

オランダの空港

国際連結性指数とDHL国際連結性指数によると、オランダは世界で最もアクセスに優れた国です。その整ったインフラとセントラルロケーションで、オランダの空港は企業に欧州市場とその先へ、人流と物流の両方の面から、比類なきアクセスを提供します。

主要な輸送ハブ

欧州で3番目に混雑する空港であり、国内で最も重要なアムステルダム国際空港スキポールは、333の直行便を飛ばし、7,200万人の利用客を受け入れています。過去10年の間で、着実にランキングを上げてきたこの空港は現在、世界的なアクセスで第2位となっています。

KLMオランダ航空のハブでもあるアムステルダム国際空港スキポールは、市内の主要鉄道駅から電車でわずか15分のところに位置し、スカイトラックスによると、2020年西欧州で最高の空港となりました。

その他のオランダの空港、アイントホーフェン空港やロッテルダム空港などは欧州各地とつながり、欧州大陸内のローカルアクセスを増やしています。一方、フローニンゲン・エールデ空港は北東エリアの航空会社にサービスを提供しています。

輸送と貨物

その理想的なロケーションから、DHLやFedExなどの主要なサプライチェーンサービスプロバイダーはオランダに依存しています。またその立地の便利さから、アメリカ、アジア、中東からの主要な航空会社もアムステルダム国際空港スキポールに運行し、貨物を運送しています。

スキポールは、世界で最も機敏な貨物のハブのひとつとしてよく知られています。輸送中の食品や花の鮮度の維持から、医薬品の最適なコンディション維持まで、貨物の取り扱いに特別な注意が必要とされる微調整されたシステムを空港は整えています。また、税関デスクが備わる様々な国際空港の中でも、スキポールは国境を越える貨物の流れが、はるかにスムーズであることが際立っています。

マーストリヒト・アーヘン空港は、主に貨物輸送に使用されている小さな空港ですが、スキポールに次ぐ貨物量の取り扱いをしています [VO3]。 オランダの空港は各地域との間で160万トンの貨物を輸送し、その量は欧州第4位となっています。

持続可能な空輸

オランダは環境に優しい持続可能な空輸の未来をリードしています。KLMは、短距離の空輸を行う代わりに、また不要なフライトを段階的に廃止するため、レールオプションを提供しています。オランダの空港は、地上輸送を上手く組み合わせることで、A地点からB地点への人や物の移動の効率化をはかっています。

アムステルダム国際空港スキポールには、バイオ燃料と電気を使ったフライトの調査を含む行動計画があり、各施設や運航する航空会社全体の炭素排出量の削減に向けて行動しています。KLMはすでに排出量の削減に多くの投資を行い、また欧州初の持続可能な航空燃料プラントを建設するSkyNRGへの投資にも取り組んでいます。

"From a logistics perspective, Haarlem is a great location because of its proximity to Schiphol airport. It is truly an international distribution hub for us. The majority of product is for the European market, but there is a significant percentage that goes all over the world." Mark Bollinger Chief Globalization Officer Smith & Associates
Proximity to Clients and Customers

連絡先

お問い合わせ