COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

エネルギー

エネルギーイノベーションのリーダー

オランダは、再生可能エネルギーの分野で世界をリードする国のひとつです。オランダのエネルギー産業には、世界レベルの研究開発施設や、イノベーションを支援および奨励する優れたインセンティブプログラムがあります。さらに、オランダの労働力、豊富な天然資源、持続可能性への取り組み、革新的な機会は、欧州での事業設立や拡大を目指す国際的なエネルギー企業にとってのメリットとなっています。

オランダでは再生可能エネルギーへの取り組みが最優先事項です。2019年の気候変動協定では、持続可能なエネルギーシステムへの移行と、2030年までに温室効果ガスを55%削減することを約束しています。オランダの進歩的な政策とイノベーションへの親和性により、業界をリードする世界有数の専門家がオランダに集まっています。

有名な機関としては、洋上風力発電に関する研究とイノベーションのトップコンソーシアム(TKI Wind op Zee)、オランダのエネルギー研究センター(ECN)、デルフト工科大学などがあります。

カーボンニュートラルな欧州の主要物流ハブ

オランダはエネルギー革新の温床であり、2050年までにカーボンニュートラルを目指す欧州の主要物流ハブとして適しています。国は、洋上風力、水素、エネルギー貯蔵など、いくつかの重要な分野において脱炭素化を加速しています。

政府は、低炭素水素の生産と活用を促進するため、水素戦略を採用しています。H-VisionHydrogen2Magnumなどの大規模なイニシアチブがいくつかあります。

同時に、オランダは炭素回収・貯留/CCUや廃熱グリッドなどのインフラを拡大しています。その一例として、国際的な共同事業であるPorthosがあります。この分野のイノベーションを促進するための補助金プログラム、持続可能なエネルギーを奨励するSDE ++スキームがあり、多くの脱炭素イニシアチブに適用されています。

国際的なイノベーターがオランダのエネルギーエコシステムに参加

OrstedSiemens GamesaDNV GLは、オランダのエネルギーエコシステムにおける革新的な国際エネルギー企業のひとつです。また、Air Liquideもオランダに再生可能エネルギーの投資をしています。同社は、再生可能エネルギーを電力網に供給することを可能にする世界初の空気分離プラントを開発しています。

オランダには、Orsted Borssele I en2Vattenfall Hollandse Kust Zuidなど、いくつかの大規模な国際洋上風力エネルギーイニシアチブがあります。北部では、Northland PowerSiemensを含む企業グループが集まり、世界最大の洋上ウィンドパークのひとつであるGemini洋上ウィンドパークを建設しました。

Energyport Eemshavenは、オランダの全エネルギーの3分の1を生産し、Enecoの Sunport Delfzijlは、オランダで最大のソーラーパークとなっています。この地域は、洋上風力発電所から水力発電所、太陽エネルギーパークなどの持続可能なエネルギー源として重要な欧州のインターフェースとなっています。

洋上風力発電所の設置と保守は、Eemshaven、IJmuidenVlissingenなどの様々な一流の港に集中しています。一方で、ロッテルダム港と埋め立て地であるMaasvlakte 2には、欧州で初の風力エネルギーオフショアセンターが設立され、オフショアおよび海運業界の国際的な企業グループはここで協業しています。

エネルギーの新技術

研究開発の分野では、オランダの企業や研究機関が外国の企業と協力して新しいエネルギー技術を開発しています。これには、動物ではなく植物をベースにした食品の生産や電力消費を削減するためのフォトニックITソリューション、合成燃料、運輸部門の充電インフラなどが含まれます。また、産業プロセス、インフラ、そして建物などのエネルギー効率を大幅に向上させることができる技術を開発しています。

これらのエネルギー関連分野のすべてにおいて、オランダには国際的かつ魅力的なイノベーションの機会があります。

個別情報を希望する

関連情報をご案内します
詳細情報をリクエストする

オランダ進出企業

連絡先

お問い合わせ