COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

ライフサイエンス&ヘルス

オランダがライフサイエンス&ヘルスに適する5つの理由

オランダは、発達したビジネスコミュニティ、戦略的立地、官民連携の機会、先進的な研究機関、そして欧州医薬品庁(EMA)などの主要規制当局などにより、ライフサイエンス&ヘルス関連企業にとって最適な拠点となっています。KPMGの成長見込み指標(PDF)では、オランダはバイオ医薬品と医療技術(MedTech)、両分野のライフサイエンスビジネスの将来性において、EUのなかで第1位を獲得しています。

イノベーションはオランダのDNA

17世紀の顕微鏡発明から腫瘍学の開拓まで、オランダ人はライフサイエンスにおける画期的開発の功績を残してきました。 オランダでは研究開発へのインセンティブによりイノベーションが促進され、国はライフサイエンスの研究開発に年間約€20億を投資しています。 こうしたイノベーションへの継続的な取り組みは成果を上げています。オランダは現在、MedTechの特許出願で世界第4位、バイオテクノロジー特許で第6位、製薬特許で第8位です。オランダは医療用アイソトープの世界市場をリードし、企業や病院はeHealthや個別化医療などの未来型ソリューションを採用しています。

ライフサイエンス&ヘルス コミュニティ

オランダのライフサイエンスビジネスは、数多くの成長とコラボレーションの機会から成り立っています。非常に協力的なオランダのライフサイエンス&ヘルス コミュニティには、3,100のR&Dライフサイエンス企業、420のバイオ医薬品企業、65,000人の医薬品従業員、€47億の医療技術関連市場が含まれます。26のキャンパス、8つの大学医療センター、13の大学がライフサイエンスの研究に携わってしています。これらすべて、半径2.5時間以内にアクセス可能な範囲内にあります。

官民連携パートナーシップ (PPPs)

オランダは外国企業に、コンパクトでオープン、そしてネットワーク エコシステムが整ったPPPsへの参加を奨励しています。LygatureRegMedOncodeなどのような300以上のPPPsがトップセクター組織Health~Hollandによって推進されています。PPPsを成功させる秘訣は、 オランダの産官学に加えて市民参加を伴うコラボレーション「Quadruple Helix」(4重螺旋)アプローチにあります。

欧州の中心

オランダは欧州大陸の中心的な場所に位置し、欧州の主要な消費者市場の95%へ、空路、鉄道、道路、または水路により、24時間以内で迅速にアクセスすることができます。主要な製薬およびMedTech企業の物流センターは、オランダのこうした有利な立地に加え、デジタルなどの優れたインフラと、非常に効率的な(コールドチェーン)物流産業の利点を享受しています。 オランダは、欧州で第1位の医療機器輸出入国であり、年間€317億相当の医薬品(PDF)を輸出しています。

好況な規制環境

EUの中心に安定した国として存在するオランダは、多数の規制当局を通じて質の高いイノベーションに貢献しています。欧州医薬品庁(EMA)や、米国食品医薬品局、およびオランダの規制機関である医薬品評価委員会(MEB)などによって支えられています。

個別情報を希望する

関連情報をご案内します
詳細情報をリクエストする

オランダ進出企業

連絡先

お問い合わせ