COVID-19: オランダ政府がCovid-19の影響を受けるビジネスをどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく
ブレクジット: 英国のEU離脱による変化に備える企業をオランダ政府がどのように支援しているかをご覧ください。 もっと詳しく

化学産業

オランダの化学:化学産業が持続可能な社会を生み出す場所

伝統ある化学産業をもつオランダは、新製品開発とイノベーションの最前線に立つことを目指す化学企業にとって理想的な場所です。Royal Shell、DOW、SABIC、Avantium、Covestro、DSM、帝人などの企業はオランダにおいて強い存在感を示し、持続可能な開発、アクセス性とネットワーク、言語スキル、および国際的なイノベーションの機会を創出しています。

欧州の化学産業の中心にあたる理想的なロケーション

オランダの化学企業は、欧州市場へのアクセスによって恩恵を受けています。オランダは、欧州連合の中心部という理想的な場所にあり、半径500kmで1億7,000万人の消費者にリーチできる優れたロケーションです。また、アントワープ-ロッテルダム-ライン-ルール地方(ARRRA)の真ん中に位置し、欧州で化学産業の売上の30〜40%を生みだす世界5大化学クラスターのひとつです。この理想的な場所は、自動車、建設、農業、消費材セクターの市場にも近接しています。

課題解決に貢献する化学産業

気候変動、サーキュラーエコノミー、モビリティ、健康、食品の分野における世界的な課題は、化学産業に機会をもたらします。オランダは、世界で最大の化学会社25社のうち19社を含む2,000社を超える化学企業があります。SABIC、ネスレ、三井、帝人などの主要企業だけでなく、RecyclingTechnologiesやCoolbrookなどの革新的で新しい外国スケールアップも継続的に進出しています。

この革新的な化学系スタートアップ企業と中小企業のエコシステムは官民連携パートナーシップを活用し(PPPs)、大学や研究機関と課題解決に焦点を当てています。このオランダの化学ネットワークは、欧州の他の地域へリーチするために理想的な出発点であることに加え、グローバル課題の解決に貢献するという目標を持つ企業を支援しています。

共同研究のためのエコシステム

オランダの化学エコシステムの中核には、世界レベル教育、最先端の研究、企業間および官民研究を支援する強力な官民連携研究開発パートナーシップがあります。

オランダには、DSM、SABIC、AkzoNobel、Shell、Avantium、Corbion、Arlanxeoなどの主要な研究開発ラボがあり、革新的な化学スタートアップや中小企業のための活気に満ちたエコシステムもあります。官民連携パートナーシップ(PPPs)、大学、総合研究所、オープンケミカルイノベーションセンター、および税制上の優遇措置が各社の研究開発を促進しています。PPPsには、持続可能な処理、材料、電気化学、バイオベースおよび新化学物質に関するコンソーシアムが含まれます。

研究機関、企業、政府間の協力は、オランダの研究開発の基本であり、スマートな製造とデジタル化における化学産業の新しいソリューションにつながっています。

個別情報を希望する

関連情報をご案内します
詳細情報をリクエストする

オランダ進出企業

連絡先

お問い合わせ